見えないおしゃれを大切に

普段から心がける

レディ

ランジェリーはさまざま種類とカラー、素材の物があります。そのため、基本の種類を揃えておくと、薄手や白、露出の多い服を着るときに便利です。ランジェリーの基本色である白、ベージュ、薄手の色は必須アイテムです。これらはたとえランジェリーが服から透けていても、さわやかな清潔感がありますのでいやらしくありません。また、パンツを穿く際パンティラインが気になる方は、裾がレースになっている物やTバックを着用します。下着をこだわることでおしゃれの幅も広がります。ローライズが好きな方は、丈の短いショーツが必需品です。身体の線の崩れや冷えが気になる場合は、おしりをすっぽりと覆い隠す深いタイプのショーツを穿きます。ブラジャーやキャミソールをショーツとお揃いにして、見えないおしゃれに磨きをかけます。ブラジャーのサイズは普段から合っているかチェックして、体系の変化と共に替えていく必要があります。自分でサイズが合っているか判断できなければ、専門家の意見を仰ぐことも大切です。基本のランジェリーを取りそろえることができたら、見せ下着も購入します。セクシーなアウターやボトムスに合わせて、チラ見せ効果のあるランジェリーも多数、売られています。とても下着とは思えない爽やかな色やデザインのランジェリーもあります。そのため、いろいろな服と組み合わせて見せ下着も楽しむことができます。自分のために楽しむランジェリーの購入もおすすめです。現在では、キュートな絵柄やキャラ、多彩なレース使いや絹、薄いシフォン素材など色々あります。特にかわいい系やセクシー系ランジェリーを着用することで、自分自身のポテンシャルも上がります。下着は大切な身体のファンデーションです。締めつけ過ぎない、緩過ぎない、体にフィットした物を選んでください。そうすることで、全体の服のシルエットもきれいになります。正確な計測と試着をくりかえし、いろいろなランジェリーを楽しんでください。

基礎知識と選び方

ウーマン

ランジェリーとは、下着のことをさすと思いがちですが、厳密には下着の中の一分野をさします。下着は、ファンデーション、ランジェリー、アンダーウェアの三種類に分かれます。ファンデーションは素肌にそのままつけるもので、ブラジャーやショーツ、ガードルなどをさします。体を補整し保つ働きがあります。ランジェリーはファンデーションの上につけるもので、ファンデーションの仕上げ的な意味合いがあります。洋服を気やすくし、動きやすくする働きがあります。スリップやキャミソール、ペチコートなどをさします。アンダーウェアはいわゆる肌着のことで、寒暖から身を守ったり、汗をとったりする働きがあります。キャミソールやTシャツなどがあります。ランジェリーにはスリップ、キャミソール、ペチコートがあります。スリップは主にワンピースを着るときに用い、上半身から太ももまたは膝くらいまであります。キャミソールは上半身のみのことが多いです。ペチコートはスカートやキュロットの下にはくもので、丈や形により差があります。ランジェリーに分類されるものの場合は、滑りがよいなめらかな素材であることが多いという特徴があります。スリップやキャミソールは、肩紐がストラップかそうでないか、ブラカップがついているかどうか、袖があるかどうかといった違いがあります。ストラップだと丈調節がしやすく、そうでないとずれにくいなど一長一短あります。好みで選べば良いでしょう。

サイズや素材などの確認は大事

パンツ

ランジェリーは見えないファッションとしてこだわりを持つ人も多いものです。おしゃれを楽しむ女性にとって、毎日どのようなランジェリーを身につけるか決めることは楽しみのひとつといえるでしょう。ランジェリーを購入するときは、きちんと自分のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。自分のサイズにあったランジェリーを選ぶには、トップバストとアンダーバストの差を確認しておくことが大切です。ブラジャーはカップ別に販売されていますが、イメージや決めつけだけで購入をすると自分の胸に合っていないブラジャーを選んでしまうことがあります。ランジェリーを購入するときはきちんと店舗でサイズを調べてから購入すると失敗がすくないでしょう。また、通販で購入するときもポイントがあります。それはブラジャーのカップで決めるのではなく、きちんとサイズ情報を確認するということです。通販サイトにはサイズのデータが記載されていることが多く、確認をしておくことで自分に合ったランジェリーを選びやすくなります。また、カラーや素材についてもきちんとチェックしておきましょう。通販サイトでは写真を掲載していますが、若干実物と色味が異なることがあります。白や黒などは比較的色味が実物と近いことが多いので、心配な場合は白や黒を選ぶと無難でしょう。また、実際に試着することができなくても、購入したことがある人の意見や評価などを見ることでどのような商品であるかを確認することができます。そのため、購入前に一度口コミなどを覗いてみるのもよいでしょう。